Schedule

6月
2
2019
Dudes with Ouds 〜 ウード野郎! @ Cafe Cheshmeh
6月 2 @ 18:00 – 22:30

Dudes with Ouds ウード野郎!

June 2 Sunday
18:00 Open / 19:00 Start

Tip of Love + Drink Order
愛のチップ + ドリンクのご注文

Dudes with Ouds vol.1
So many ouds, so many dudes.

◆Dudes
・Navid ナヴィ
・Paul Dorosh ポール
・Rain In Eden
◼Navid

As humans, we are connected to both the earth and some unseen reality that can only be expressed through arts and sciences. With instruments humans are able to bring the unseen into existence and interact with it. We call this music.
人として、私たちは地球と繋がり、また芸術と科学を通してのみ表現される目に見えない世界とも繋がっています。楽器を使うことで目に見えないものを表現し、慈しむことが出来る。それを人は音楽と呼びます。

The tool I use for this purpose is the Oud. I love the sounds of the earth it creates. The Oud connects me to antiquity, nature, and beyond. My hope is that you will experience something new or ancient with the Oud. Let’s experience something unseen together.

私の表現する手段は、ウードです。
ウードを通して過去と自然、その先へと繋がる事が出来るのです。貴方にも感じてほしい。目に見えない世界と一緒に繋がりましょう。

Navid Goldrick is a Persian Oudist, Oud teacher and composer from Vancouver, Canada. Navid studied Persian music with Hossein Behroozinia, and Arabic chamber music with Simon Shaheen. You will hear original and traditional sounds influenced by the Iranian plateau and the Arabian desert.

Navid Goldrick はカナダ出身のペルシャ系ウード奏者です。演奏、レッスン、作曲・編曲を手がけています。
ペルシャ音楽をHossein Behroozinia氏から、アラブ古典室内音楽をSimon Shaheen氏から学びました。イランの草原とアラブの砂漠を想わせる、古典とオリジナルを織り交ぜた音楽をお届けします。

◼Paul N. Dorosh

Paul N. Dorosh is a Tokyo-based composer/oudist/guitarist/teacher from Connecticut, U.S.A. In 2004, after graduating with a Master’s in music composition from the University of Massachusetts, Paul moved to Japan and now teaches oud, guitar, and composition. He is a multi-instrumentalist that plays oud, guitar, drums and percussion. Paul performs and composes with the ethno-progressive instrumental unit “Libera Cielo”. He also composes music for short films. He has performed and given workshops in Japan, the U.S., and Europe, as well as been invited to perform and give workshops in Spain, and Italy. He has been a fixture on the Tokyo ethnic music scene for many years now, both instrumental and accompaniment for belly dancers. Paul has collaborated with many types of performers from various genres including Arabic music, Turkish music, Japanese butoh, contemporary dance, jazz, rock, classical, Indian music, and Japanese classical music.
http://mokyoworks.com

Paul N. Dorosh
米国コネチカット州出身。東京在住、東京を拠点に日本各地で活動。マサチューセッツ音楽大学大学院にて作曲を専攻、2004年に卒業。ウード、ギター、ドラム、バイオリンなどマルチ奏者。ウード、ギター講師。ソロ活動の他に、エスニックインストゥルメンタルユニット「Libera Cielo」のメンバーとして演奏及び作曲を担当。また映画音楽の作曲も手がける。日本の他に米国、ヨーロッパで演奏及びワークショップを行う。スペインとイタリアでは演奏家及びワークショップ講師として招待される。ベリーダンスとのコラボを始め、アラブ音楽、トルコ音楽、舞踏、コンテンポラリーダンス、ジャズ、ロック、クラシック、インド音楽、日本古典音楽など様々なジャンルのアーティストと共演。
http://mokyoworks.com/

◼Rain In Eden

Oud: Kelly
Santur, Shamisen: Megumi
Perc: Shuhey

6月
9
2019
イラン音楽喫茶 @ Cafe Cheshmeh
6月 9 @ 13:30 – 16:30
イラン音楽喫茶 @ Cafe Cheshmeh

「イラン音楽喫茶」のご案内

ここ20年ほどの間に、めっきりと姿を消しつつありますが、世の中には「ジャズ喫茶」というお店があります。
高価な音響装置から流れる名プレイヤーたちの演奏を聴きながら、ひたすらコーヒーをすすり、たばこをふかす、という空間。
みなさんはそんなジャズ喫茶に行かれたこと、ありますか?

1980年ころ、街を歩きながら個人的に音楽を聴くことができる「ウォークマン」というガジェットを SONY が世に出しました。
それ以降、ヘッドフォンやイヤフォンでしか音楽を聴かない、という方がとても多くなり、ジャズ喫茶が衰退してしまった一因にもなりました。

でも、音楽は、僕はやっぱりスピーカーで聴きたい。
ブンブンと震えるスピーカーのユニットから放出される音楽を、空気の振動をとおし身体で浴びるように、聴きたい。

そんな思いを常日頃持ちつつ、あるとき、「イラン音楽」を聴く会、というものを思いつきました。

ひとえに、日本ではまだまだマイナー中のマイナーである「イラン音楽」を、ひとりでも多くの方に紹介したい。

例えば、マイルス・デイヴィスって言ったらジャズのトランペット奏者、だとか、曲名を知らなくても「ッダ・ッダ・ダーララーラ・ダッダー」ってメロディがアート・ブレイキー・アンド・ジャズメッセンジャーズの「モーニン」の出だしの部分だとか、ジャズにあまり詳しくない方でもそういう認知は広く浸透していると思いますが、モハンマド・レザー・シャジャリアンって誰か、というのを知っているひとが果たしてどのくらいいらっしゃるのか??。。。

いつか、そう遠くない未来に、「モールゲサハール♪」なんて鼻歌を街で耳にするとか、そんな世の中になればいいなぁ、などと夢想しつつ、ジャズ喫茶、ならぬ、イラン音楽喫茶、ってものをちょいちょいとやり始めてみようと思います。

イランといえば、コーヒーよりもお茶、ですので、当日はイラン式の「チャイ」をメニューに加えます。どうぞご注文ください。チャイにはお茶請けの「デーツ(ナツメヤシ)」が付きます。
場内は禁煙ですので、たばこはご遠慮くださいね。

イランチャイの他にもミルクチャイやコーラなどのソフトドリンク、ワインやビールなどもありますので、お好きな飲み物を飲みながらイラン音楽を聴く、という、ただそれだけのイベントです。

ホストは、わたくしシューヘイと、北川修一さんです。
その日掛ける音楽について、簡単なお話をします。北川さんと、ちょっとだけ生演奏もします。

ご興味持たれた方、ぜひ遊びにきてください。

「イラン音楽喫茶」 vol.0 〜「イランの歌を聴く」編 〜

2019/6/9(日) 1:30 開場 / 2:00pm 開始 / 4:30pm 終了
木戸銭 1,000円 + 1ドリンクオーダー
ホスト:シューヘイ、北川修一

パート1: 「女性歌手編」 約40分
演奏(15分)
(休憩)
パート2: 「男性歌手編」 約40分
演奏(15分)
11月
27
2019
泉鏡花×鳥山昌克シリーズ第六弾「楼閣興信所通信」 @ シアターグリーン BOX in BOX THEATER
11月 27 @ 14:00 – 12月 1 @ 16:00

泉鏡花×鳥山昌克シリーズ Vol.6
唐十郎「楼閣興信所通信」

【原作】 唐十郎
【構成・演出】 鳥山昌克
【出演】 岩戸秀年 / 森川由樹 / 今井和美 / 沖中咲子 / 山﨑薫 / 梶原航 / 松井夢 / 鳥山昌克 / 近藤結宥花 / 土屋良太
【主催】 鳥山企画 ミリヤアド

Introduction
私よりもそちらに気があるならば…
その人まるで、紙の女房ね…

…東池袋の探偵事務所「楼閣興信社」の新入社員、田口が請け負った三つの依頼
夫の手帳につづられていた「京子」という名の正体を調べてほしいという妻の依頼
自分の弟に付きまとう女の狙いを探ってくれという姉の案件
「匂いガラス」と呼ばれるガラス片と共に何処かへ消えた恋人を探してほしいと願う若い女の依頼
調査を進めていくと、ビニールの怪しい雑誌に包まれた「京子」、弟に付きまとう女に姉が買い与えた「鏡台」が浮かび上がり、「匂いガラス」と呼ばれるものも、旧日本軍戦闘機の風防ガラスであることが判明してくる
やがて、三つの案件の背後に浮かび上がった女たちは、探偵田口の口を借りて語り始める…

【天童荒太(作家)コメント】
天才唐十郎の、常識をくつがえして射抜く人間像や愛の表現には、つねに驚愕し賛嘆の念をおぼえてきた。
この唐表現の本質を受け継ぐ鳥山昌克が、「紙女房―楼閣興信所通信―」を小説から立ち上げ、舞台化する。
台本を読ませてもらったが、倒錯した世界観と透明感のある純愛を見事に再構築している。
近藤結宥花、沖中咲子、土屋良太、岩戸秀年、山﨑薫らの実力ある役者とともに、どんな妖しい愛の華を舞台上に開かせてくれるのか、いまから楽しみでならない。

スケジュール・チケット詳細
■会場: シアターグリーン BOX in BOX THEATER
■日程: 2019年11月27日(水)~12月1日(日)

11/27 11/28 11/29 11/30 12/1
14:00
19:00

☆=アフタートーク有り『劇作家、シェークスピアと唐十郎」
出演: 河合祥一郎、山﨑薫、梶原航、鳥山昌克

◎開場は開演の30分前
◎最前列は、通常のお席より小さい椅子でのご案内になります。
◎未就学児童の入場不可

■チケット一般発売 6月3日(月)10:00~
全席指定席 前売 ¥4,500 / 当日 ¥4,800 / U20 ¥2,800
※U20 は トム・プロジェクトのみで販売。要身分証。前売当日とも同料金。
※ トム・プロジェクト主催公演ではありませんので、トムトム倶楽部の特典並びに割引はご利用いただけません。ご了承下さいませ。

チケット取扱い

トム・プロジェクト TEL 03-5371-1153(平日10:00~18:00)
チケットぴあ TEL 0570-02-9999(音声自動認識/Pコード 493-820)
ローソンチケット TEL 0570-000-407(オペレーター対応)
TEL 0570-084-003(Lコード 34918)
e+(イープラス) ネット販売のみ

■スタッフ
舞台監督: 青木秀夫
照明: 千田実(CHIDA OFFICE)
音響: シューヘイ
衣装: 原田夏おる
制作: ミリヤアド
チラシ: 山内国男
【協力】 CLEO / ジンギーザップエンタープライズ / 浅草橋ルーサイト・ギャラリー / 首藤幹夫 / トム・プロジェクト