イラン伝統音楽ライブ ~ペルシャへのいざない~

いつ:
2018-02-15 @ 18:30 – 21:00
2018-02-15T18:30:00+09:00
2018-02-15T21:00:00+09:00
どこで:
手塚商店
日本、〒844-0004 佐賀県西松浦郡有田町大樽1丁目2−2
料金:
2,500yen
連絡先:
有田町地域おこし協力隊(上野)
0955-25-9230

かつてペルシャと呼ばれたイラン。
「ペルシャ」と聞いてみなさんは何を思い浮かべますか?
 
ペルシャは、シルクロードを通じて、日本や中国とつながり、文化・芸術面で様々な影響を及ぼしあっていました。
 
今回のライブでは、イランの国、音楽や楽器の解説をお聞きいただきながら、生演奏をお楽しみいただけます。
 
イランの音楽ってどんなの?と少しでも興味を持たれた方、ぜひご連絡をお待ちしております。
有田で一晩だけ奏でられるペルシャの音色。
遠いようで近いかもしれない異国の地に、思いをはせてみませんか。
 
 
イラン伝統音楽ライブ ~ペルシャへのいざない~
 
日時:2018年2月15日(木)開場18時30分 開演19時
場所:手塚商店 倉庫2階(佐賀県西松浦郡有田町大樽1-2-2)
定員:30名程度
チケット代:2500円(1ドリンク+ご予約の方のみイランの茶菓子orナッツ付き)※アルコールもあります!
 
予約・問い合わせ:有田町地域おこし協力隊(上野)
info.aritakara@gmail.com
0955-25-9230(まちのオフィス春陽堂)

■北川修一(タール/タンブール)
2007年よりイラン在住。弦楽器のタール、セタール、タンブール、歌唱を通じて、イラン古典音楽と地方音楽を習得。イランや日本で演奏・講演・執筆活動などに従事。テヘラン大学文学研究科修士課程修了。

■岩崎和音(サントゥール)
大阪音楽大学作曲学科音楽学コース在学中、イラン・ペルシャの古典楽器「サントゥール」と出合い、2012年、イランへ渡る。テヘラン大学芸術学部音楽学科イラン伝統音楽演奏コースの修士課程に入学、2015年秋、同課程を修了。現在にいたるまで、イラン、日本国内各地で演奏・講演活動を展開している。

■シューヘイ(トンバク/ダフ)
1991年より、ギタリスト、アレンジャー、作曲家として音楽活動を始める。 2012年、イラン・ペルシャ音楽に出会い、イランの打楽器である「トンバク」を始める。 以降はペルシャ古典音楽を専門に活動中。

There are no comments yet, add one below.

Leave a Reply


Name (required)

Email (required)

Website

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください