Schedule

28
全日
00:00
01:00
02:00
03:00
04:00
05:00
06:00
07:00
08:00
09:00
10:00
11:00
12:00
13:00
14:00
15:00
16:00
17:00
18:00
19:00
20:00
21:00
22:00
23:00
13:30 イラン音楽コンサート “ファルヴァルディーンのそよ風にのせて” @ Cafe Cheshmeh
イラン音楽コンサート “ファルヴァルディーンのそよ風にのせて” @ Cafe Cheshmeh
3月 28 @ 13:30 – 16:30
イラン音楽コンサート "ファルヴァルディーンのそよ風にのせて" @ Cafe Cheshmeh
イラン音楽コンサート “ファルヴァルディーンのそよ風にのせて” 2020/3/28(土曜) 1:30pm Open / 2:00pm Start Charge 2,000yen + drink order @Cafe Cheshmeh 東京都渋谷区笹塚2-13-13 北川修一 タール、セタール、歌 シューヘイ トンバク 石井紗和子(ゲスト)セタール、歌 イランの古典音楽には、12、ないし13種類の旋法(モード)があり、今回のコンサートではその中からセガー、シュール、マーフールという三種の旋法を演奏します。 一部・・・セガー、シュール 二部・・・マーフール 北川修一(タール、セタール、歌) 2007年~2018年イラン在住。 タンブールをアリーアクバル・モラーディら、セタールをディナ・サッファーリー氏に、タールをイーラジ・ダシュティザーデ氏らに師事。 現在は演奏活動のほか執筆活動にも従事しており、最近では『クルド人を知るための55章』(明石書店)において、クルドの楽器に関して1章を担当。 石井紗和子(セタール、歌) 東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科に進学後、「イランから日本へ移住した女性が行う音楽活動」をテーマに修士論文を執筆。 2018年秋より約1年、テヘランに留学。 セタールを慶九氏とSepideh Meshiki氏、ペルシア語の歌唱をSahar Mohhanmadi氏から学ぶ。 これまで企画開催したレクチャー・コンサートに「イランと日本の間でVol.1—詩と音楽のある生活」、「イランと日本の間でVol.2—ペルシアの踊りと生活」など。